占いの本質的な役割について ☆1★

飲み屋のママが昔、四柱推命をやっていたと聞きました。そこで試しに占ってもらいました。内容は忘れました。私は占いは信じない性格なので興味がなかったでした。ママはそれを知った上で占いを行ってくれました。そして占いは「当て物」であるとも断言していました。だから外れたり悪い結果が出たときは「所詮当て物だから」気にしないでと言って慰めるのです。慰めたり誉めたり大変なものです。四柱推命は中国で生まれて統計的な性質を持ちます。なので「当て物」的な要素があるのだとおっしゃっていました。これだけで食べていくことができなかったために、飲み屋のママの付加サービスで占いを行っているとおっしゃっていました。こういう居酒屋って他には無いです。占ってもらう人は何を占って欲しいのか、占い師に言いますし、逆にいろいろ質問したりします。そこで占ってもらう人が話すこと、表情の変化などから結果の言葉の表現を変えるとおっしゃっていました。

切手買取 リサイクル

鹿児島 不動産 アパート

名刺専用用紙ならここ

粗大ごみ 神戸

シンクタンク 競馬 最新情報